クラスTシャツのデザイン「言葉編」

英語の分や言葉を入れる

2018年07月19日 18時43分

様々な学校行事でクラスTシャツを作って着用するのは良いけれど、カッコ良く英語の言葉や文をTシャツにプリントしたいと考えている方も中には居るのではないでしょうか。そんな方達の為に、おススメの英語の言葉を幾つかご紹介したいと思います。
  • 【王道編】
「Do your best」:ベストを尽くせ!
「Never give up」:絶対に諦めない!
 
  • 【一体感を表わす言葉編】
「One for all all for one」:一人は皆のために!皆は一人のために!
「Forever friends」:ずっと友達!
英語表現では、長くて難しいものだったりすると見ている人が言葉をしっかり読む事が出来なかったり、Tシャツを作った自分達の思いや気持ち等の意図が伝わり辛くなってしまうので、誰が見ても理解できる分かりやすい表現の言葉を選ぶ事がおススメです。
~著作権には気を付けて~
・外国の映画タイトル
・特定の人物に限定した言葉や文
これらには、著作権や肖像権に関わるものが存在するので、使用を考えているのであれば、前以って著作権に関して確認を行い、使用の必要があれば必ず許可を取った後、制作に取り掛かるようにしましょう。
 
  • 【英語の言葉の良い所】
市販されているTシャツも英語のメッセージや文字がプリントされた物が数多くあり、英語文字の人気が見ても分かりますよね。やはり高い人気を誇る理由には、どんなメッセージや文字にも、アルファベットと言うのはデザイン性に優れていて、カッコ良いデザインに仕上がる所にあるようです。例えば・・・
「君ならできる!」「自分を信じて!」といった応援メッセージを入れる…
[日本語の場合]
メリット:想いがストレートに伝わる事。
デメリット:ストレート過ぎて少しTシャツにするには照れくさい所がある。
[英語の場合]
君ならできる!:「You can do it!」
自分を信じて!:「Believe in yourself!」
と言う言葉に変換する事が出来ます。いかかですか?普通の言葉が英語に変換されるだけで一気に言葉がスタイリッシュに洗練されたように生まれ変わるのが不思議ですよね。日本語だとちょっと抵抗のあるストレートな言葉も、英語にすると何故か馴染みやすいと言うケースも多い事が良さでしょう。また、漢字やカタカナに比べてアルファベット表記は、文字と言う認識よりも”デザイン”としての認識が高く、オシャレなイメージが相手先行して伝わるようです。デザイン性を主張した時は、英語の言葉をチョイスするとおススメです。